パパ活 LABO勘違いに注意

  1. パパ活 LABO  -TOP-
  2.  » 
  3. HOW TO
  4.  » 
  5. 勘違いに注意

勘違いに注意


パパ活で勘違いしがちなことが、「お金を貰うだけ」といったイメージです。

昔の援助交際では、お金を貰うにしても何かしらの対価を必要としたことは想像に容易いでしょう。

援助交際の時代から、“話すだけ”や“食事をするだけ”でお金を貰えるなんてことは殆ど無かったと言えるでしょう。

ですので、『ただ男性と合えばお金が貰えるなら私もやってみたい』そんな考えを持っている方は諦めて下さい。

「自分には何ができるのか?」そんな奉仕精神を持って男性と接することができる人にしか向いていないでしょう。

決して、年齢の高めの男性を介護するようなものではありません。

ですが、それと同じくらいの質やモチベーションでお相手と接することが要求されます。

少し考えると分かりますが、接客業などを得意としている人や会話などが得意な人でなければ非常に難しいでしょう。

「性的な関係も辞さない」というような極端な考えがあったとしても、決して正解ではありません。

仮にそれが成立したとしても、相手が望む喜ばれるものでなければ成立はしないのです。

極端とはいえ積極性を持って行動ができるのであれば、コミュニケーションの部分で多くの時間を費やすことが求められるのではにでしょうか。

「一緒に出かけたい」「話がしたい」「食事がしたい」そんな要求があったとした場合、それが満足いくように答えてあげられるか否かなのです。

ただ、それに応えるというだけでは何も意味がないのです。

レースクィーンやコンパニオンガールが立っているだけでは意味がありませんよね?

「あの凄く綺麗な女の人がいたメーカーってどこだっけ?あそこの商品良かったよね」というような、印象に残ることができなければ全く意味を成さないのです。

これらのことから、努力なくしてお金が貰える楽な作業のような感覚で安易に興味を持つことだけは止めましょう。

お相手の男性も、貴重な時間を使っています。

「この子だったら良いかな」と思ってもらえるような“何か”を相手に提供できなければ、満足もされずに相手を怒らせるだけになるでしょう。