パパ活 LABOセッティング・マッチング

  1. パパ活 LABO  -TOP-
  2.  » 
  3. 利用方法
  4.  » 
  5. セッティング・マッチング

セッティング・マッチング


交際クラブのことを調べていると、『セッティング』や『マッチング』という言葉を目にします。

この、セッティング・マッチングとは、交際クラブのサービスを利用して、実際に男女が実際に出会うということを意味しています。

会う予定を組むという意味でも、セッティングとなりますが、最終的に会う予定が組まれ、決定しているものもセッティングと呼んでいます。

言い回しとしては、「今日はセッティング」(会う予定になっている)という風に使います。

セッティング"予定"などとは殆ど言わないでしょう。

また、マッチングという言葉も間違いではありませんが、業種的にはセッティングという言葉が一般的でポピュラーです。

セッティングに関しては、交際クラブ側のサービス形態によって、アナログな方法とデジタル(オートマチック)な方法に別れます。

多くの交際クラブでは、アナログな方法での手続きが行われているはずです。

アナログタイプでは、セッティングの際には都度、スタッフに連絡を入れて確認を取りながら進めていく流れです。

非常に手間と時間が掛かり、実際のセッティングに至るまでには5日前後の時間を用いることが予想されます。

デジタル(オートマチック)タイプは、まるでECサイトで買い物をするように、人気の女性を選択するだけです。

その一度のやり取りだけで済んでしまいます。

最終的には、スタッフから「セッティングが決定しました。」とメールを貰うだけとなります。

セッティング当日に関しては、男女会員同士が連絡を取り合い、出会っていただくことになります。

通常、セッティングに関しては、スタッフや交際クラブ関係者は同行はしません。

男性は待ち合わせ場所に行き、連絡を待つだけになります。

女性は、事前に周知された男性の連絡先に電話をかけて、落ち合うだけになります。

この為、当日に関しては女性の役割は非常に重要になります。

また、通常はこの際に、公衆電話や非通知での通話は認められていません。

認められていないというよりは、推奨されません。

なぜならば、お相手に確実に連絡を取らなければならない為です。

非通知や公衆電話の着信が出来なかった場合、待ち合わせが遅れてしまいます。

また、男性は紹介料を支払っている関係上、女性の電話番号を知る権利があります。

初回のセッティングに関しては、ルールが決まっています。多くの交際クラブでは、お食事デートを推奨されます。

そして、デート内容に見合った額の交通費・お小遣いを必ず相手の女性に渡さなければなりません。

2回目以降の交際に関しては、交際クラブ側は関与をしませんので、特に決まりはなく自由な交流・交際をすることが出来ます。